糖尿病とは

-糖尿病とは、慢性的に血糖値が高くなる病気です。慢性的に血糖値が高いと、糖尿病の合併症によってさまざまな合併症(がっぺいしょう)が起こり、寿命に影響をします。

通常自覚症状はでないことがほとんどですが、血糖値を良い値に保つ事が治療の基本です。これを、「血糖値をコントロールする」といいます。

 

なぜ血糖値をコントロールする必要があるの?

血糖値が高いままでいると、時間をかけてまたサイレントに神経や眼、腎臓などからだの様々なところに病気を起こします。また心筋梗塞、脳梗塞、がん、認知症などのリスクが高まることが知られています。これらは、病気が進んでいない時期にはあまり症状のない病気です。しかし進行すると痛みやしびれ、感覚が鈍くなることでケガをしやすくなること、感染が起きやすくなること、視力の低下が起きることなどが起きることがあります。また、腎臓の病気が進んでしまうと人工透析が必要になることもあり、生活が制限されます。

 

糖尿病の治療ってどんなものがあるの?どうやって血糖値をコントロールするの?

 

血糖値をコントロールするには、まず食事、運動が大切です。そして薬による治療があります。人間ドックや健診などで早期発見をして早期治療を行うことで早期の糖尿病は食事運動療法のみでコントロールがとてもよく経過するケースも多く、そのような方は合併症の進行は抑えられます。

 

糖尿病の食事療法

多種多様なライフスタイルがあり、医師と管理栄養士による食事療法での改善例はとても多いのが現状です。個々の勤務状況(夜勤、運転業務、また子育て世代など)なども加味したオーダーメイド治療や指導が必要となります。

 

糖尿病の運動療法

運動によって、糖が使われます。また、筋肉の量が増えることで、糖をからだに取り込みやすくします。その上、脂肪が減ることで、血糖値を下げるインスリンが効果を発揮しやすい環境を作ります。運動は継続が難しいですが、頑張りすぎずに無理なく続けていくことが大切です。運動指導士とともに運動を行いましょう。

 

糖尿病の薬物療法

 

糖尿病の薬にはいろいろな種類があります。薬の種類としては、飲み薬と注射薬があります。 飲み薬では、インスリンの分泌を良くするもの・効きを良くするもの、食事でとった糖の分解・吸収を遅らせるもの、糖の排泄を促すものがあります。注射には、インスリンの分泌を促す注射や、インスリンそのものを外から補う注射があります。必要に応じて主治医と相談しながら治療法を決めていきましょう。

 

血糖値の目標

糖尿病は10年程度の予備軍を経て、糖尿病に移行していくことが分かっています。

予備軍の方は糖尿病にならずに済むように、また糖尿病初期の方はより良い数値を目指す場合もあります。しかし一般的には、糖尿病の合併症をおこさないことが治療の目標になります。そのため、HbA1cを7%未満に維持しておくのがいいと言われています。要介護状態やがん患者様などにつきましては、個々に目標を設定する必要があります。

 

当院の糖尿病診療について

当院では、糖尿病専門医、糖尿病療養指導士や運動指導士を持つ管理栄養士と看護師によりわかりやすい診療を行っております。通院の待ち時間短縮のため再来は予約をおすすめしています。また初診に関しても予約が可能ですのでお電話にてお問い合わせください。

 

なお、他院で糖尿病の治療を受けたが中断してしまった方、また通院により改善が無いため専門医へ相談したい場合などはお薬手帳や治療経過が分かるものがあればお持ちいただけるとスムーズです。

また各種外科・歯科手術の術前の血糖管理(外来インスリン導入)や妊娠糖尿病・糖尿病合併妊娠についての診療もお受けしております。